レビュー
» 2006年04月27日 15時16分 UPDATE

ホワイトペーパー:新世代のGISツール「TakumiMap」

匠技研の「TakumiMap」は、高度なエリアマーケティングを可能にするGISツール。国勢調査統計データおよびゼンリンの地図データを搭載し、きめ細かい分析が可能だ。

[ITmedia]

 かつてのマーケティングは全国で同じような宣伝活動を行う画一的なものであった。だが、地域の特性に応じた宣伝活動や販売方法をとらなければ、業績を伸ばし、より効率的な営業活動を行うことはできない。この反省から登場したのが、エリアマーケティングである。エリアマーケティングでは、地域ごとの特性(気候条件、生活様式、就業構造など)に応じた施策を採るべきだとされている。

 匠技研の「TakumiMap」は、高度なエリアマーケティングを可能にするGIS(Geographic Information System:地理情報システム)ツールだ。全国500mメッシュの国勢調査統計データ、全国番地号ポイントデータ、およびゼンリンの地図データを搭載している。地図データは定期的に自動更新されるため、最新のデータできめ細かい分析が可能だ。例えば、地図データと顧客データのマッピングが簡単に行えるようになり、地域別の販売状況をグラフィカルに表示できるようになる。独自のCSVファイルを取り込んで分析することも可能だ。

 ここでは、TakumiMapの特徴と機能、多数の分析例を紹介する。

 この製品カタログのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ