速報
» 2006年05月05日 07時44分 UPDATE

MySQL、脆弱性修正のアップデート公開

MySQLのクライアント/サーバプロトコルに脆弱性が存在し、悪用されるとバッファオーバーフローを誘発される恐れがある。

[ITmedia]

 MySQLのクライアント/サーバプロトコルに存在する脆弱性を修正したアップデート版の5.0.21がリリースされた。

 MySQLのアドバイザリーによれば、脆弱性を悪用されると、細工を施したCOM_TABLE_DUMPパケットを使ってサーバでバッファオーバーフローを誘発される恐れがある。

 また、無効なログインまたはCOM_TABLE_DUMPパケットを使ってイニシャライズされていないメモリを読むことができてしまい、情報の流出につながる恐れがあるという。

 5.0.21ではこのほかにも多数の不具合が修正されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -