速報
» 2006年05月09日 15時57分 UPDATE

Windows CE 6のβ版を提供開始

[ITmedia]

 米Microsoftは5月8日、組み込み機器向けの次世代OS「Windows CE 6」のβ版を提供開始した。

 Windows CE 6はOSカーネルアーキテクチャの設計が刷新され、それによって同時に実行できるプロセスが最大32件から最大3万2000件に拡大された。

 また同OSは旧バージョンの機能も引き続き提供するため、デバイスメーカーはユーザーインタフェースやアプリケーション、ミドルウェア、ドライバへのこれまでの投資を活用できるとMicrosoftは述べている。

 さらに同OSは、Visual Studio 2005プラグインを介して利用できる統合型組み込み開発環境を提供する。これにより開発者は使い慣れた統一的なツールで、OSやアプリケーションをより低いコストで迅速に開発できるという。

 Windows CE 6のβ版はデバイスメーカー、開発者、パートナー向けにMicrosoft Mobile & Embedded DevCon 2006で提供されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ