速報
» 2006年05月26日 08時20分 公開

Symantecのウイルス対策製品に脆弱性報告

eEyeのアドバイザリーによると、「Symantec Anti-Virus 10.x」に脆弱性が存在し、リモートからコードを実行される恐れがある。

[ITmedia]

 Symantecのウイルス対策製品にリモートから悪用可能な脆弱性が存在するとして、eEye Digital Securityがサイトで概要を公開した。

 同社が5月24日付で公開した情報によると、影響を受けるソフトは「Symantec Anti-Virus 10.x」。ほかの製品も影響を受ける可能性がある。深刻度は「高」と評価している。eEyeからSymantecへは通報済み。

 この脆弱性はユーザー側で操作を行わなくても悪用することが可能で、影響を受けるシステムを制御して、悪質なコードをシステムレベルのアクセス権限で実行できてしまう恐れがあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -