ニュース
» 2006年07月27日 14時46分 UPDATE

FirefoxとThunderbirdがともに1.5.0.5にアップデート

Mozillaによると、このバージョンアップはセキュリティアップデートで、12個の脆弱性がフィックスされているという。

[ITmedia]

 Mozillaは7月26日、オープンソースWebブラウザの最新版、Firefox 1.5.0.5を公開した。Firefox 1.5.0.4のユーザーは自動更新により最新版へアップデートされるが、単体インストーラもダウンロード可能。

 Mozillaによれば、今回のバージョンアップはセキュリティアップデートで、12個の脆弱性がフィックスされている。このうち7個はCritical(危険度最高)のレーティングが付けられている。

 このほかには、フリジア語のロケールに変更が追加され、安定性の向上が図られている。

 メールクライアントのThunderbirdも最新版の1.5.0.5でMozillaと同じ12個の脆弱性がフィックスされ、安定性も向上したとMozillaは説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ