ニュース
» 2006年08月17日 10時21分 UPDATE

RealPlayer、LinuxでWindows Mediaサポートへ

Windows Mediaに対応したRealPlayerが、SUSE Linux Enterprise Desktop 10にバンドルされる。

[ITmedia]

 米RealNetworksと米Novellは8月15日、Linuxデスクトップ向けマルチメディアソフトの提供で協力すると発表した。

 この提携の下、Novellは「SUSE Linux Enterprise Desktop(SLED)10」にRealNetworksのアップグレード版RealPlayerとHelix Bansheeをバンドルする。

 アップグレード版RealPlayerはMP3、Ogg、RealAudio、RealVideoに加えてWindows Mediaフォーマットに対応する。これにより、Linuxデスクトップユーザーは、Windows Mediaを含めすべての人気オーディオ・ビデオフォーマットを1つの再生ソフトで利用できるようになるとRealNetworksは述べている。

 Helix Bansheeは、RealNetworksのオープンソースクライアント「Helix DNA」とオープンソースの音楽プレーヤー「GNOME Banshee」の要素を合わせた再生ソフト。

 現行版RealPlayerとHelix Bansheeは既にSLED 10にバンドルされて提供開始されている。アップグレード版RealPlayerは2006年12月にリリースされ、バンドルあるいはNovell Customer Centerを通じてSLEDユーザーに提供される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -