ニュース
» 2006年10月27日 08時49分 UPDATE

AOLの会員向け閲覧ソフトに2件の脆弱性

AOLのインターネット閲覧ソフトでバッファオーバーフローの脆弱性が報告された。

[ITmedia]

 AOLの会員向けインターネット閲覧ソフトに深刻な脆弱性が発見され、セキュリティ各社がアラートを公開した。

 仏セキュリティ機関FrSIRTのアドバイザリーによれば、AOLソフトにはYGPPDownload ActiveXコントロールに関するバッファオーバーフローの脆弱性が2件存在する。

 細工を施したWebページを使ってこれを悪用されると、システムを完全に制御されてしまう可能性がある。FrSIRTでは危険度を「Critical」としている。

 影響を受けるのは9.0およびそれ以前の全バージョンと、9.0のSecurity Edition。AOLサービスにログインするとパッチが自動的に適用される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ