ニュース
» 2006年12月12日 11時41分 UPDATE

Sun、Java SE 6を正式リリース

コードネームで「Mustang」と呼ばれていたJava SE 6が正式リリースされた。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは12月11日、Java Platform Standard Edition 6(Java SE 6)をリリースした。

 Java SE 6ではWeb 2.0を念頭にPHPやRubyなどのスクリプト言語とWebサービスのサポートを強化、アプリケーション診断、管理、モニタ用のツールを拡張している。また統合開発環境NetBeans 5.5と組み合わせることで、これまで以上に迅速に、容易にアプリケーションを開発できるとSunは述べている。

 Java SE 6はSunのサイトからダウンロードできる。

 SunはJava SEの一部をGPLライセンスの下で公開している(11月14日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -