ニュース
» 2007年04月02日 09時30分 公開

家電代わりは無理? Vistaのデジタルメディア機能をチェック (2/3)

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

Vistaでの変更点

 Vistaでのデジタルメディア機能の強化としては、高精細ケーブルTVのサポート、特殊なサウンドカードを必要としないオーディオのカスタマイズ、組み込みのデジタルメディアインタフェース(Media Centerなど)とアプリケーション(ムービーメーカーなど)の機能強化が挙げられる。これらの機能強化の多くは、VistaのHome Basicエディションでは提供されず、これより価格の高いHome PremiumまたはUltimateエディションが必要になる。

Vistaのデジタルメディア機能とその提供エディション
Vistaの機能 提供エディション
CableCARDのサポート(米国のみ) Home Premium、Ultimate
オーディオ機能の強化 すべて
Media Center Home Premium、Ultimate
Windows Media Player 11 すべて(Windows XP版もあり)
ムービーメーカー6.0 すべて*
DVDメーカー Home Premium、Ultimate
*ムービーメーカーへの高精細ビデオのインポートには、Home PremiumまたはUltimateが必要。

高精細ビデオのサポート

 Vistaは、米国のケーブルTV業界団体であるCableLabsに、CableCARDテクノロジーをサポートするOSとして初めて認定されたデスクトップOSである。CableCARDは、ケーブルTVプロバイダーから小型のカード(多くのノートブックコンピュータで使用されるPCカードとほぼ同じサイズ)を入手し、これを直接TVセットまたはほかの受信機に取り付けるだけで、ユーザーがデジタルケーブル信号を受信できるようにする新しい標準である。この方式は、TVセットトップボックスに縛られる必要がなくなり、CableCARDに対応していればどの機器からでもデジタルビデオを利用できるため、ユーザーにとっては魅力的だ。

 適切なハードウェア、デジタルケーブルチューナー、および互換サービスを備えているVista PCであれば、CableCARDを差し込むことでデジタルケーブル信号を受信でき、ユーザーはMedia Centerインタフェース(VistaのHome PremiumとUltimateでは標準で搭載)とリモコンを使用して、TV番組を視聴、録画および再生できる。

 ただし、CableCARDのサポートには、以下のような多数の制約がある。

転送の制限 Vista PCも含めCableCARD機器からライブまたは録画されたTV番組をほかのコンピュータにストリーミングしたり、ポータブルデバイスに転送したり、DVDに記録することはできない。ただし、Xbox 360または今後提供されるVista対応のMedia Center ExtenderへのTV番組のストリーミングは可能だ。

受信のみ 現時点では、CableCARD機器はVista PCも含めて、チャンネルの変更など簡単な要求しかケーブルネットワークに送ることができない。ビデオオンデマンドやペイパービュー型のサービスは利用できない。

対応PC CableCARDの高精細コンテンツの再生には、“デジタルケーブル対応PC”が必要である。つまり、HDCP(High-Definition Content Protection)標準に準拠したグラフィックスカードを搭載していると認定されたPCが必要である。本稿公開時点では、このようなPCは供給されていない。このようなPCは、当初はMicrosoftと特定のライセンス契約を結んだOEMからのみの提供になると思われ、システムビルダーはデジタルケーブル対応PCを作成することができない。また、一般ユーザーがこのようなPCを自作できるようにする計画もない。

対応モニタ DVI(Digital Video Interface)やHDMI(High-Definition Multimedia Interface)端子など、TVまたはモニターのデジタル入力端子が、HDCPに対応している必要がある。モニターがHDCPに対応していない場合も、デジタル入力端子から送られるCableCARDコンテンツは再生できない。アナログVGA接続では、高精細ビデオは低い解像度(960x540)に圧縮された後、グラフィックスカードによってアップスケールされる。アナログコンポーネント(RGB)接続では、モニタの最大解像度で再生が行われる。

ケーブルTVプロバイダーのサポート ケーブルTVプロバイダーの多くは、CableCARDのサポートに消極的で、自社のセットトップボックスをユーザーにレンタルする方式を支持している。例えば、CableCARDの使用を思いとどまるよう仕向けられるケースや、または取り付けに追加料金が課されるケースがユーザーから報告されている。

 高精細DVD(HD DVDまたはBlu-ray)をVista PCで再生する場合も、同様の制限がある。例えば、HDCP対応のグラフィックスカードがない場合はまったく再生できず、HDCP対応モニターやディスプレイがない場合は、標準のDVDよりは良いものの、解像度が低くなる。また、HD DVDの場合でもBlu-rayの場合でも、DVDの再生には追加のソフトウェアのインストールが必要になる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -