ニュース
» 2007年04月03日 15時58分 UPDATE

Microsoft Office PerformancePoint Server 2007日本語版のCTP2がまもなく提供開始

[ITmedia]

 マイクロソフトは、ビジネスユーザー向けの統合パフォーマンスマネジメント(業績管理)アプリケーション「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007 日本語版」(OPPS2007)の最新プレビュー版となるCTP2(CTP2 : Community Technology Preview 2)の提供を発表。4月下旬よりダウンロード提供を開始する。

 OPPS2007は、モニタリング、分析、プランニングといったパフォーマンスマネジメント機能を完備した、次世代型の統合アプリケーション。OPPS2007 CTP2には、「BizSharp」の開発コード名で呼ばれている製品が提供する、プランニング、予算編成、事業予測および財務連結といった機能、ならびにMicrosoft Office Business Scorecard Manager 2005が提供するスコアカード機能、ProClarityが提供する分析機能の一部が含まれる予定。今後2007年中盤の正式リリースまでに、さらに追加のCTPリリースを実施する予定だ。

 詳細情報は、こちらのサイトで紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -