ニュース
» 2007年04月11日 07時00分 UPDATE

日本オラクル、「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」を発表

日本オラクルは4月10日、「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を開始すると発表した。

[石森将文,ITmedia]

 日本オラクルは4月10日、同社エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版、「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3(以下、EM10g R3)」の提供を開始すると発表した。

mrmisawa.jpg 日本オラクル 常務執行役員システム製品統括本部長 三澤智光氏

 説明に立った日本オラクル 常務執行役員システム製品統括本部長 三澤智光氏は、「データベースやアプリケーションサーバの新版リリースと同等の意味を持つ、オラクルの戦略にとって重要な製品発表だ」とした上で、「データベース、ミドルウェア、ビジネスアプリケーションを統合的に管理する製品としてEM10g R3が生まれ変わった」(三澤氏)と述べた。

EM_manage.jpg データベースだけでなく、企業システムの全領域をカバーするEM10g R3

 また三澤氏は、現在企業が抱える運用管理面の問題について、管理という面では非常に効率のよかったメインフレームから、オープンシステムへの移行が進むにつれ、サーバからフロントのHTTPサーバにいたるまでそれぞれの管理コンソールが存在することとなり、管理が煩雑になっていると述べた。

 このような課題に対してEM10g R3では、Oracle E-Business SuiteやSiebel CRM、PeopleSoft EnterpriseなどのビジネスアプリケーションやOracle Fusion Middleware向けの管理機能が拡充され、アプリケーションとインフラを、単一のコンソールで管理できるという。三澤氏によると、「ここまで統合的に管理できるソリューションを、私は他に知らない」とのことだ。

soa_manage.jpg SOA環境(HTTPサーバ、BPEL、ESB、APサーバなど)も統合管理

 またEM10g R3では、ビジネスアプリケーション側からパフォーマンスや可用性、サービスレベル、システム構成、そして障害対処などを最適化する「トップダウン・アプローチ」を採用したことも特徴。加えて、Oracle Fusion Middlewareの管理機能を強化するとともに、コンプライアンス対応向けの構成管理機能やセキュリティ管理機能も提供するとしている。

 なおEM10g R3では、最新パッチの確認、ダウンロードおよび適用を、オラクルのサポートサイト「MetaLink」より行えるという。

 価格は1プロセッサ当たり375,000円から。4月10日にLinux x86版とWindows(32ビット)版を出荷開始し、他OS対応版は順次出荷予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ