ニュース
» 2007年04月20日 08時19分 UPDATE

Mac OS Xのアップデート公開、25件の脆弱性に対処

Appleは「セキュリティアップデート2007-004」を公開し、Mac OS XとOS X Serverの脆弱性を修正した。

[ITmedia]

 米Appleは4月19日、「セキュリティアップデート2007-004」を公開し、Mac OS XとOS X Serverの脆弱性を修正した。

 2007-004のアップデートで修正されたセキュリティ問題は25件。この中にはAirPort(AirMac)のAirPortDriverの脆弱性、UFSファイルシステム関連の脆弱性、iChatのビデオカンファレンスフレームワークに関する脆弱性など、悪用されると任意のコードを実行される恐れがあるものも多数含まれる。

 Mac OS Xのバグ情報公開プロジェクト「Month of Apple Bugs」(MoAB)で指摘された問題にも対処。Help Viewerの脆弱性、Installerの脆弱性、システム環境設定用のwriteconfigユーティリティに関する脆弱性を修正した。

 また、ユーザー認証システムのMIT Kerberosに深刻な脆弱性が見つかったことを受け、この問題に対処するパッチも盛り込んでいる。

 Appleのアップデートはシステム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネル経由でインストールするか、ソフトウェアアップデートページからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ