ニュース
» 2007年05月15日 15時25分 UPDATE

Eclipse上でT-Engine開発が可能に――パーソナルメディアが発表

パーソナルメディアは、「Eclipse」のT-Engine対応版である「Eclipse for PMC T-Kernel」を5月末から提供開始することを明らかにした。

[ITmedia]

 パーソナルメディアは5月15日、統合開発環境「Eclipse」のT-Engine対応版である「Eclipse for PMC T-Kernel」を5月末から提供開始することを明らかにした。T-Engine開発キットならびにTeacube、Teaboard、μTeaboardなどのT-Engine応用製品を購入したユーザーに対して提供され、同社の専用ページから無償でダウンロード可能となる。

eclipse_scr.jpg Eclipse for PMC T-Kernel

 「Eclipse for PMC T-Kernel」では、開発の際にICE(In-Circuit Emulator。プログラムのダウンロードやデバッグなどのために、開発対象機器のCPUと開発用ホストとの間に接続して利用する高価なハードウェア機器)を必要とせず、T-Engineなどのターゲット(組み込み機器)と開発用ホストをシリアル回線やLAN(FTPを使用)で接続することでデバッグが行える。

 同社はこれまで、T-Engine開発キットやT-Engine応用製品の開発環境として、GNUベースの開発環境を提供していたが、「Eclipse for PMC T-Kernel」が加わることで、組み込み開発の初心者でも効率よくT-Engine応用システムの開発が可能となり、開発期間の短縮、品質向上などの効果が期待できるとしている。

 また同社では、「Eclipse for PMC T-Kernel」の提供に併せ、T-Engineを使った開発評価業務を強力に支援する「ベーシックサポート」のサービスを開始する。Eclipseを使ったT-Engineシステムの開発に関するサポートを受けるためには同サービスが必要となる。価格は年間で10万5000円から。インシデントによって値段は異なる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -