ニュース
» 2007年05月25日 17時05分 UPDATE

P2Pネットワーク乗っ取りによるDDoS攻撃に警鐘

セキュリティ企業のProlexic Technologiesが、クラッカーに乗っ取られたP2PネットワークがDDoS攻撃の手段として用いられるケースが増加していると警告。

[ITmedia]

 2007年以降、クラッカーに乗っ取られたP2PネットワークがDDoS攻撃の手段として用いられるケースが増加している――セキュリティ企業のProlexic Technologiesがこのような警告を発し、注意を呼び掛けている。

 同社の観測では、この数カ月間、P2Pネットワークを利用した大規模なDDoS攻撃が増加傾向にあるという。Prolexicは5月14日付で公開したアラートの中で、「P2Pは普及するにつれ、マルウェアをばらまいたり、DoS攻撃を仕掛けるためのネットワークとしてサイバー攻撃者の注目を集めるようになった」と指摘した。

 Prolexicはこのアラートの中で、オープンソースのP2P型ファイル共有ソフト「DC++」を用いたDDoS攻撃について分析している。DC++のバグを悪用してハブを乗っ取り、2万5000台のDC++マシンからのアクセスをターゲットとなったWebサーバに集中させることで、そのサーバを「落とす」ことが可能とという。

 P2Pを用いたDDoS攻撃は、ボットネットを用いたそれとは異なる。乗っ取ったPCに直接指令を送るのではなく、P2Pネットワークのファイル共有ハブから切り離し、代わりに標的となるWebサーバにアクセスするよう指示するだけでDDoS攻撃が成立する。この結果、ターゲットとなるWebサーバだけでなく、その経路にあるファイアウォールやルータまでもDDoS攻撃のリスクにさらされるとしている。

 例えば、標準的な15万台のコンピュータによるDoS攻撃の場合、各マシンが4〜5つのコネクションを開くため、標的となったWebサーバには75万以上のHTTPコネクションが集中する。のみならず、HTTP以外のコネクションも含まれるため、標的マシンのリソースはいっぱいになり、混乱状態に陥るという。

 これに対しDC++の作者はブログの中で、このツールがサイバー攻撃者に悪用されていることは認識しているが、問題はアップグレードで対応済みだと記した。ただ、「残念ながら、たとえハブやクライアントに防御機能を追加しても、古いバージョンを使うことを選択する人がいることは事実。攻撃者らは、アップグレードに対するユーザーの抵抗を利用している」とも述べている。

関連キーワード

DDoS攻撃 | P2P


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -