ニュース
» 2007年06月01日 12時24分 UPDATE

Google Gearsが示すオフラインの需要

Salesforce.comなどのSaaSベンダーは以前からオフライン機能を提供してきたが、Google Gearsの登場はオフライン機能の需要の高まりを表している。

[Renee Boucher Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 先ごろリリースされた、開発者がオフラインアプリケーションを開発できるオープンソース技術「Google Gears」は、オンデマンドアプリケーションのユーザーがさらなるオフライン機能を求めていることを示唆する兆候の1つだ。

 業界アナリストによると、求められているのは、スマートフォンなどの最新通信技術を使って、オンデマンドやレガシーのデータシステムのさまざまなデータソースへのシームレスなオフラインアクセスを可能にする改良された開発環境だ。

 Salesforce.com、NetSuite、RightNow Technologiesなど確立されたSaaS(サービスとしてのソフト)ベンダーは、以前からオフライン機能を提供してきた――Salesforce.comは2003年にOffline Editionを導入した――が、さらなる改良が必要だという点で専門家の意見は一致している。

 オフラインデータアクセスを提供するSaaSアプリケーションにとって、次のフロンティアは、特定の業務プロセスに合わせて、オンデマンドアプリケーションとオンプレミス(自社運用)アプリケーションのデータへのアクセスを提供することだと、Thinkstrategiesのアナリスト、ジェフリー・カプラン氏は語る。

 「すべての主要ベンダーと新興SaaSベンダーが、さまざまなシナリオ――どんなレガシーアプリケーション、オフライン環境をユーザーが必要とするか――や、オンライン時には自動化されたシステムに適切に統合され、顧客の関与が減少するように適切に統制する方法を予測できるやり方で、マルチテナント環境に一定レベルの機能を組み込もうとしている」(同氏)

 「この取り組みは確かに進行している。わたしの感覚では、(SaaSベンダーは)このニーズを満たすために積極的に努力している」

 必要とされているのは、もっと多くの手段でより多くの情報にアクセスできるよりシームレスなオフライン機能と、オンデマンドシステムでもレガシーシステムでもオフラインで情報にアクセスできる機能を企業が開発できる開発環境の改善だと業界アナリストは言う。

 「オフラインクライアントはたいてい制限が多い。Salesforceでは情報の一部しかXMLデータ転送として利用できないため、真の完成したオフラインクライアントとは言えない」とYankee Groupのアナリスト、シェリル・キングストン氏は言う。「情報の入手について考えた場合、ユーザーはいつでも、どこでも情報を求める。一部のWebベースアプリケーションはそれを実現していない」

 オンデマンドベンダーはオフラインデータアクセスの統合においてリードするだろう――例えばSalesforce.comユーザーはSalesforce環境からレガシーCRM(顧客関係管理)データへのアクセスを望んでいる――が、ほかのベンダーもオフライン機能の強化に取り組むだろうとアナリストは言う。

 Yankeeのキングストン氏は、よりインタラクティブなGUIを可能にするAdobeのツールを挙げた。「いずれはその一部がオフラインで使えるようになるだろう」

 その結果、ベンダーが自社製品に統合できるもっと成熟した開発ツールが登場するだろうとアナリストは言う。Google Gearsはその好例だが、現時点ではオンデマンドベンダーがこの技術を自社の開発環境に取り入れるのかどうか、正確に何が可能になるかは不明だ。

 Salesforce.comがGoogleのSaaSプロダクティビティツールを利用する提携を結ぶ――一部では、早ければ6月4日の週に発表されると予測もある――という最近の噂を考えると、Google GearsとSalesforce CRMアプリケーションの組み合わせは実現しそうだ。

 Salesforce.comのプロダクトマーケティングディレクター、アダム・グロス氏は、電子メールであいまいなコメントを出した。「Salesforce.comは2003年から顧客にオフライン機能を提供してきた。Gearsなどの新しいブラウザ技術はこの機能をもっと強化する」

 RightNow TechnologiesとNetSuiteからは本稿掲載時までにコメントを得られなかった。

関連キーワード

Google | Google Gears | Salesforce.com | SaaS


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ