ニュース
» 2007年05月31日 08時10分 公開

Webブラウザの限界の「突破者」目指すGoogle Gears

Googleは、Webアプリケーションをオフラインでも利用できるようにする新たな技術「Google Gears」を発表した。

[ITmedia]

 Googleは5月31日、Developer Day 2007の開催に合わせ、Webブラウザの機能を拡張する新たな技術「Google Gears」をオープンソースとして公開した。インターネット接続がない環境、あるいは極端に接続速度が遅い環境でもWebアプリケーションを利用できるようにする。

 Google Gears担当プロダクトマネジャー、オスマン・ララキ氏は「Google Gearsは、インターネットに接続していないと利用できないというWebブラウザの限界を解決するものだ。開発者らが、ネットワークコネクションなしに利用できるアプリケーションを作成できるようにする」と述べている。

 ララキ氏によると、この技術はローカルサーバとデータベース、実行領域に当たるワーカープールという3つのコンポーネントから構成されている。ローカルマシン上にさまざまなデータを蓄積、インデックス化し、必要に応じてデータベースからデータを取り出すことで、ネットワークコネクションがない環境でもアプリケーションを利用できる。同時に、バックグラウンドで定期的にアプリケーションとデータの同期を取り、接続が回復した時点で最新の情報に更新する仕組みだ。

 「Webブラウザが持つキャッシュ機能では、静的なコンテンツだけしか保存できなかった。これに対しGoogle Gearsでは複雑な機能についてもローカル側に蓄積できる」と同社は説明している。

 Googleではまず最初の例として「Google Reader」にGoogle Gearsを実装し、オフライン環境でも継続して利用できるようにした。公開されたAPIを活用すれば、「Google Docs&Spreadsheets」をはじめとするほかのAjaxベースのアプリケーションや既存のWebアプリケーションについても、オフライン環境での利用が可能になるという。この際、「既存のアプリケーションを全て書き換えたり、デザインを変更したりする必要はない」とララキ氏は述べている。

 もっとも、Google Gearsを利用したからといって、既存アプリケーションの「すべて」の機能がオフラインでも利用できるわけではなく、制限される部分はある。それでも、「ユーザー体験の大幅な改善につながる」と同氏。特にバスや地下鉄の中など、オンラインとオフラインの狭間にある「グレー」な環境で有用だとした。

 Google GearsのAPIは開発者向けに公開されるほか、エンドユーザー向けにはInternet Explorer、Firefox、Operaの各ブラウザの拡張機能として提供される。Googleではこの技術に関して、Mozilla CorprationやOpera Softwere、Adobe Systemsなどとも協業していく。

関連キーワード

Ajax | Google | Googleガジェット | Google Reader


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -