速報
» 2007年08月01日 08時21分 UPDATE

Firefox、アップデートでIE 7関与の脆弱性に対処

Firefox 2.0.0.6では、IEとの相互作用で生じる脆弱性が修正された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは7月30日、Firefoxブラウザのアップデート版となる「2.0.0.6」をリリースし、Internet Explorer(IE)との相互作用で生じる脆弱性に対処した。

 この問題ではFirefoxのURI処理方法に関して脆弱性が存在し、IE 7がインストールされたWindows XPでFirefoxを実行すると、任意のコマンドを実行される恐れが指摘されていた。

 2.0.0.6では、Firefox経由で不正なデータが別のアプリケーションに引き渡され、危険な動作が誘発されるリスクを低減している。

 Firefoxのほか、Thunderbird 2.0.0.6、Thunderbird 1.5.0.13、SeaMonkey 1.1.4でもそれぞれこの脆弱性に対処した。

関連キーワード

Firefox | Internet Explorer | Mozilla | Thunderbird


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ