ニュース
» 2007年08月08日 08時37分 UPDATE

Sun、「UltraSPARC T2」プロセッサ発表

Sunの新しいプロセッサ「UltraSPARC T2」(コードネーム「Niagara 2」)は、64スレッドを同時処理でき、消費電力を大幅に削減した。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは8月7日、「世界最速」をうたうマイクロプロセッサ「UltraSPARC T2」を発表した。8コア構成でそれぞれが独立した8スレッドを備え、計64スレッドを同時処理できる。消費電力は同等のプロセッサに比べ「10分の1から30分の1」に抑えたという。

 「Niagara 2」として知られてきたUltraSPARC T2は「UltraSPARC T1」の2倍のスレッドを処理でき、スループットを大幅に向上。2つの世界記録を更新したという。浮動小数点演算ユニットと暗号化加速ユニットをそれぞれ8個搭載。4個のメモリコントローラにより毎秒50Gバイトのメモリアクセスが可能だとしている。

 同社はUltraSPARC T2で、マイクロプロセッサの外販に乗り出す。T2は今四半期中に、「1000ドルを大幅に下回る」価格からの提供となる予定。プロセッサデザインはGPLライセンスを通じ、オープンソースコミュニティーに公開するという。

関連キーワード

SPARC | マルチコア | Sun Microsystems


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。