ニュース
» 2007年09月11日 09時45分 UPDATE

Windows Messengerワーム、日本でも感染報告

「あなたのことが好きだって」というメッセージにつられてリンク先のzipファイルを実行すると、ウイルスに感染する。

[ITmedia]

 Microsoftのインスタントメッセージング(IM)ソフト「Windows Live Messenger」を使ったウイルスの感染が、日本でも報告されている。セキュリティ企業FaceTime Communicationsがブログで伝えた。

 同社のSpyweareGuideブログによれば、このウイルスは感染すると、Windows Live Messengerの全コンタクトにあてて、英語で「この子誰? あなたのことが好きだって」「彼女がこんな写真を撮るなんて信じられない」などのメッセージを送りつけ、リンクをクリックするよう仕向ける。

画像 Live Messengerに流れるつり文句(FaceTimeより)
画像 zipファイルを開くとCPU使用率が100%になる(FaceTimeより)

 リンク先のファイルは「TanyaBabe.zip」という名称が付いているが、実際には悪質な実行可能ファイルになっており、実行するとCPUの使用率が100%になってしまう。

 感染数は今のところ少ないようだが、日本とシンガポールのフォーラムユーザーを中心に感染が報告されているという。

 偽のzipファイルを使ったMSN Messengerワームについては、先にSymantecやTrend Microなどの各社も報告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -