ニュース
» 2007年09月18日 11時22分 UPDATE

DCSがソースコード脆弱性分析ソフトウェアを販売

DCSは、フォーティファイと国内における販売代理店契約を締結し、ソースコード脆弱性分析ソフトウェア「Fortify SCA」の販売を開始した。

[ITmedia]

 三菱総研DCS(DCS)は9月18日、フォーティファイソフトウェア(フォーティファイ)と国内における代理店契約を締結し、同社のソフトウェア「Fortify Source Code Analysis Suite」(Fortify SCA)の販売を開始した。

 同製品は、アプリケーションのソースコードに潜むセキュリティ脆弱性を検査、修正するソフトウェアスイート。ソースコードをスキャンし、160種類以上のセキュアコーディングルールを利用して脆弱性を発見するという。ルールは、ダウンロードにて随時更新できる。

 また同製品は、脆弱性分析に必要な問題パターンを5万種類以上蓄積したデータベース「Secure Coding Rulepacks」、ソースコード上で発見された脆弱性をビジュアル化し、その影響や対処方法を提供する「Audit Work Bench」、ソフトウェアセキュリティを統合的に管理、監視する「Software Security Manager」など6種類のコンポーネントで構成されている。

 対応言語は、Java、JSP、C、C++、C#、VB.NET、ASP.NET、PL/SQL、T-SQL、ColdFusionなどで、Windows、Solaris、Red Hat Linux、HP-UX、AIX、Mac OS Xなどのプラットホームに対応している。

 価格は、エンドユーザー向けが10CPUライセンスで994万円から。そのほか、検査サービス業者向けの「サービスプロバイダーライセンス」も用意されている。

関連キーワード

脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ