ニュース
» 2007年10月05日 19時44分 UPDATE

エルピーダ、業界標準6倍の性能を備えたXDR DRAMを発表

エルピーダは、RambusのXDRメモリアーキテクチャーを搭載した「512Mb 4.8GHz XDR DRAM」を発表した。

[ITmedia]

 エルピーダメモリ(エルピーダ)は10月4日(米国時間)、メモリ設計企業である米RambusのXDRメモリアーキテクチャーを搭載した「512Mb 4.8GHz XDR DRAM」(製品名:EDX5116ADSE-5E-E)を発表した。業界標準のDDR2 DRAMと比較して6倍の性能を達成した。

「512Mb 4.8GHz XDR DRAM」 最新版となる「512Mb 4.8GHz XDR DRAM」

 同製品は、1デバイスで業界最高の9.6Gバイト/秒のデータ転送レートを実現。このデータ転送レートは、業界標準のDDR2-800メモリデバイスのピークバンド幅と比較して約6倍となる。高速動作と高いデータ転送レートを可能にするために、Rambusの特許をベースに開発した低振幅の差動ラムバス信号レベル(DRSL)、クロック1サイクル当たり8ビット転送するオクタルデータレート技術(ODR)、クロック位相に合わせてデータタイミングをチップ上で調整するFlexPhase回路技術が導入されている。

 2007年12月からサンプル出荷を開始し、2008年4月から量産に入る。

関連キーワード

DRAM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -