ニュース
» 2007年11月28日 15時21分 UPDATE

Apple、MacBookが“絶好調”――デスクトップシェアを引き離す

iPodとiPhoneの好調な販売が、Appleのラップトップおよびデスクトップの売上げ増加につながっているという。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 Appleは、iMacのメジャーアップグレードにより、2007年にはデスクトップの販売額が一時的にモバイルモデルと並んだこともあった。しかし、相変わらずデスクトップよりもラップトップのほうが売れているという。

 同社の最高経営責任者(CEO)であるスティーブ・ジョブズ氏は以前、2003年は「ラップトップの年」だと宣言した上で、携帯型Macの売上げが過去最高水準に達し、Macデスクトップを抜き去る日が遠からず来ると話していた。

 それ以来、ジョブズ氏が預言したトレンドは現実のものとなり、「MacBook」や「MacBook Pro」の販売規模は、デスクトップである「Mac Pro」およびiMacラインを総じて超えるようになっている。Creative Strategiesのコンサルタンシープレジデント、ティム・バジャリン氏は、「ここ3度の年次報告からも、Appleではラップトップの売れ行きがデスクトップをしのいでいることが分かる」と述べた。

 「Appleのコンピュータ関連総収入は、小売市場における圧倒的な存在感に加え、iPodおよびiPhoneの『ハロー効果』のおかげで、劇的に増加している。Macの使いやすさと新OSの性能の高さを認める消費者も多くなっており、これがラップトップの売上げ増に大きく貢献している」(バジャリン氏)

 「2006年初頭の時点で、Appleのラップトップ販売額は、同社のコンピュータ関連総収入の約60%を占めていた。だが今年はiMacのセールスがきわめて堅調なため、ラップトップとデスクトップの売上高は並んでいる」(バジャリン氏)

 とはいえ、Appleの直近四半期のコンピュータ販売総額では、ラップトップの売上げがデスクトップに勝っていた。

 Appleの最高財務責任者(CFO)を務めるピーター・オッペンハイマー氏は、2007年第4四半期の収支報告において、「世界的な規模で見た場合、Appleの成長率は、IDCが最近発表した9月期の市場成長率の2倍以上になった」と話した。

 同氏によれば、「Appleが8月にリリースした新型iMacは(消費者に)きわめて好意的に受け入れられ、その結果、デスクトップシステムの前年比成長率は31%におよんだ」という。「MacBookおよびMacBook Proに対する需要も、以前と変わらず非常に大きかった。ラップトップの売上げは9月期にかけて37%増加し、Mac製品の総販売額の62%を占めた」(オッペンハイマー氏)

 iMacの売上げは上向きになったが、ラップトップの売れ行きはそれを上回った。この原因の一端は、専門家に向けた(利益率の高い)Mac Proデスクトップラインのアップデートが相対的に少なかったことにあると考えられる。

 もっとも、理由はどうあれ、ラップトップがデスクトップより魅力的な購入対象であるのは確かなようだ。2006年10月にSolutions Research Groupが公表した消費者研究報告書(PDFはここから閲覧可能)も、Apple製品の中で最も人気が高いのはラップトップ(MacBookもしくはMacBook Pro)だとしている。また、同社のラップトップは、クリスマスにほしいプレゼントの総合ランキングでも11位に入ったという。

関連キーワード

Mac | Apple | MacBook | ジョブズ


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ