ニュース
» 2007年12月05日 20時04分 UPDATE

IBM、Eclipse FoundationにACTFを寄贈

IBMは、Eclipse Foundationに対してアクセシビリティのためのソフトウェア基盤「Accessibility Tools Framework」を寄贈することを発表した。

[ITmedia]

 IBMは米国時間の12月4日、オープンソースコミュニティーのEclipse Foundationに対してAccessibility Tools Framework(ACTF)を寄贈することを発表した。

 ACTFは、IBMが開発したアクセシビリティのためのソフトウェア基盤。ACTFを利用することで、開発者はアクセシビリティチェック、ユーザビリティ視覚化、障害者向けのアクセシブルな代替インタフェースなど、さまざまな種類のアクセシビリティツールを構築し、利用できる。

 HTML、OpenDocument Format(ODF)、Flashなどのコンテンツ、Java SwingやEclipse SWTなどのJavaアプリケーションGUI、Microsoft Active Accessibility(MSAA)やIAccessible2などのアクセシビリティAPIに対応する。

 日本IBM東京基礎研究所は、これらのソフトウェア基盤を利用して、IBM Accessibility Internet Browser for Multimedia(aiBrowser)と呼ばれる視覚障害者のためのマルチメディアコンテンツ閲覧ツールを開発している。

関連キーワード

IBM | ユーザビリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -