ニュース
» 2007年12月11日 20時21分 UPDATE

日本オラクル、運用支援サービスを強化

日本オラクルは「Oracle Advanced Customer Services」を「Siebel」や「PeopleSoft」の利用企業にも提供する。

[ITmedia]

 日本オラクルは12月11日、運用支援サービスを強化し、適用範囲を拡充すると発表した。Oracle E-Business Suiteの利用顧客向けに提供していた「Oracle Advanced Customer Services」(Oracle ACS)を「Siebel」や「PeopleSoft」の利用企業にも提供する。

 Oracle ACSは、同社のアプリケーションを利用する企業向けに、アップグレードや機能拡張などのサービスを提供するもの。システム障害の防止などを図る。

 日揮情報システムは、同サービスを利用してOracle E-Business Suiteで構築した社内基幹システムのアップグレードを12日間で完了したという。

関連キーワード

Oracle(オラクル) | 運用管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -