ニュース
» 2008年01月08日 18時05分 UPDATE

コレガ、フォルダ単位で暗号化するUSBメモリ型キーを発売

コレガは、ファイルだけでなくメールボックスなどフォルダ単位でデータを暗号化するUSBメモリ型キーを発表した。

[ITmedia]

 ネットワーク機器を開発するコレガは1月8日、データを暗号化するUSBメモリ型セキュリティキー「CG-ALOCKYSF」を発表した。1月10日から販売を開始する。

USBメモリ型セキュリティキー「CG-ALOCKYSF」 USBメモリ型セキュリティキー「CG-ALOCKYSF」(同社サイトから)

 新製品は、PCに差し込み「金庫ドライブ」と呼ばれる仮想ドライブを生成する。ドライブにデータを入れると自動的に暗号化される仕組み。標準的な暗号規格となる「AES」を採用し、ファイルおよびフォルダ単位で暗号化できる。USBメモリを抜けばスクリーンにロックが掛かり、やりとりしたデータはPC上からすべて消去される。

 参考価格は5780円(税込み)。

関連キーワード

USBメモリ | 暗号化 | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -