レビュー
» 2008年01月09日 12時23分 UPDATE

ホワイトペーパー:電力効率を向上させる新しい配電方式の性能を検証

電力消費量の大きい高密度サーバの投資コストを抑える方法の1つが配電方式の変更だ。新しい配電方式とそのメリットについて解説する。

[ITmedia]

 北米地域のデータセンターでは227V/480Vの三相電力システムが使われるが、IT機器で使用するにはPDU(分電盤)で120V/208Vの単相電力に変更する必要がある。このため、別途変圧器が必要になったり、ラック容量が増すなどのコストが生じてしまうという。このホワイトペーパーでは、新しい配電方式の採用が不可欠と指摘し、その方式を詳しく解説している。

 さらに、新しい配電方式を採用するとどのようなメリットがあるかを証明するために、実際に北米地域にある600キロワットの高密度データセンターを使用し、従来の配電システムと新しい配電システムの性能を比較した結果を表にまとめている。データセンターの電力効率を向上させるための情報の1つとして、参考になるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -