ニュース
» 2008年01月11日 17時48分 UPDATE

Vista SP1 RCの「リフレッシュ版」リリース

「Windows Vista SP1 RC Refresh」は一般向けには提供されず、中核テスターにのみ配布されている。

[Peter Galli,eWEEK]
eWEEK

 Windows Vista Service Pack(SP)1の中核テスター1万5000人に、SP1の最新のプレリリースビルド「Windows Vista SP1 RC Refresh」が配布された。

 これらテスターには、企業顧客、コンシューマー、ソフトベンダー、ハードベンダーなどが含まれるとMicrosoftは1月9日の発表文で述べている。

 この「Refresh」版はダウンロード公開されていないし、MSDNとTechNetの会員にも一般にも配布されない。

 Microsoftは今四半期中のVista SP1のRTM(製造工程向けリリース)に向けて予定通り進んでいるが、「最終リリース日は品質次第なので、今後もβプログラムに参加している顧客とパートナーのフィードバックを見てリリース日を決める」としている。

 Refresh版は、MicrosoftがSP1リリース候補(RC)を1万5000人の中核テスターとMSDNおよびTechNet会員、一般向けに配布してから1カ月あまりで登場した。

 「今のテスターの分布がうまく多様なユーザーとパートナーに広がっていることに満足している。だがさまざまなユーザー層、ハード、ソフトの驚くほど多様な利用状況を考えると、もっと幅広くリリースして、ユーザーにSP1をテストする機会を提供し、まだテストを実施していないパートナーが自社のソフトやハードをSP1でテストする機会を持てるようにしたかった」とWindowsクライアント部門の上級プロダクトマネジャー、デビッド・ジプキン氏はこのときeWEEKに語っていた。

 このRCに対するテスターからのフィードバックが、将来のテストの方向性を決めると同氏は話していた。

 SP1 RCのリリースはIT管理者から歓迎された。彼らの多くは既にRCを導入しているか、近いうちに導入する計画だ。

 Englewood Hospital and Medical CenterはSP1 RCをダウンロードしてテスト機で実行し、社内アプリケーションが動作するか、同社が発見した問題がSP1で解決されているかを確認していると、事業財務システムマネジャー、ゲリー・ウィルヘルム氏は先日eWEEKに語った。

 「われわれはSP1を数台のノートPCにインストールして、Aventail VPN、Citrix、シングルサインオンソリューションをテストしている。Microsoftがリリースしたホットフィックスを個々に適用するよりも、SP1を待つことにした」(同氏)

 米国27都市で大学、中等後教育機関向けに住宅プログラムを提供するCollegiate Housing Services(CHS)は、SP1 RCをテスト環境だけではなく、本番環境のマシンにも導入し、同社の環境でどのように動作するかを調べている。

 CHSには現在、Vistaを走らせているマシンが約78台あり、熱心にSP1導入を進めている。同社はSP1を、安定性と性能の改善、バッテリー駆動時間の向上、スリープとハイバネーションの安定性向上を盛り込んだ重要なものと考えている。全体的なネットワーク性能の改善も重要だと、同社のITディレクター、スメース・エバンズ氏は先にeWEEKに語った。

 「業界には、Microsoft製品は最初の、あるいは2つ目のSPがリリースされるまで使えないという考え方がある」と同氏は言う。「だが今回は、MicrosoftはVistaとOffice 2007の両方で、SPのリリースサイクル前にバグ修正や機能アップデートを定期的にリリースしていた。それにこれまでテストしたところでは、SPは非常に品質が高いようだ」

関連キーワード

Windows Vista


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -