レビュー
» 2008年01月15日 12時39分 UPDATE

ホワイトペーパー:Java対応テストツール「Jtest」で開発工数を削減

開発コストをかけずにソフトウェアの品質を高めるには、効率的にバグを検出する必要がある。重大度などを判断しながらバグを自動検出するという静的フロー解析ツールを紹介する。

[ITmedia]

 このホワイトペーパーでは、Javaアプリケーションのバグ検出に役立つ静的フロー解析ツール「Jtest」の利点と動作の仕組みを紹介している。

 このツールは実行パスに基づいてバグかどうかを判定するため、ほかのツールよりも精度が高いという。さらに、Jtestに搭載されている静的処理フロー解析機能「バグ探偵」について、その仕組みや実際の動作例を解説。最後に、バグ探偵を実装し、テストを実行した際の5つの効果についてまとめている。高品質なJavaアプリケーション開発を目指すために役立つ情報の1つとなっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。