ニュース
» 2008年01月16日 14時52分 UPDATE

SRA OSS、PostgreSQL8.2対応のPowerGres on Linux HA V5を発売

SRA OSSは1月16日、PostgreSQL8.2に対応した高可用性ソリューション「PowerGres on Linux HA V5」の発売を開始した。

[ITmedia]

 SRA OSSは1月16日、PostgreSQL8.2に対応した高可用性ソリューション「PowerGres on Linux HA V5」の発売を開始した。

 同製品は、Linuxプラットフォーム向けに、PostgreSQLをパッケージ化しインストーラとオリジナル管理ツールを付属させるなど使いやすさを追求したデータベース製品である「PowerGres on Linux」と、Linuxで実績のあるHAクラスタソフトウェア「LifeKeeper」を組み合わせ、さらにワンストップのサポートを含めたもの。

今回のバージョンアップでは、PostgreSQL8.2.5ベースにしたほか、PowerGresサーバをLifeKeeperの保護対象として登録・管理を可能するリカバリーキットで、死活監視の際にデータベースに接続するユーザーを選択可能になったほか、ログ周りの扱いに改良が加えられている。

 価格は基本2台構成(1ノードにつき2CPUまで)で262万5000円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -