ニュース
» 2008年01月17日 07時57分 UPDATE

iPhoneとiPod touchのアップデートは脆弱性も修正

iPhone 1.1.3とiPod touch 1.1.3では複数の脆弱性が修正され、AppleではiTunes経由でできるだけ早く導入するよう呼びかけている。

[ITmedia]

 米Appleは1月15日に公開したiPhoneとiPod touchのソフトウェアアップデートで、新機能に加えて複数の脆弱性を修正するパッチも盛り込んだ。いずれもiTunes経由でダウンロードできる。

 今回リリースされたiPhone 1.1.3とiPod touch 1.1.3では、任意のコード実行や情報流出につながるSafariブラウザ関連の脆弱性2件と、iPhoneで緊急通報ダイヤル処理の問題を突いてパスワードロック機能が回避されてしまう問題に対処した。影響を受けるのはiPhone 1.0〜1.1.2、iPod touch 1.1〜1.1.2の各バージョン。

 アップデートはすべてiTunes経由で配布され、Appleのダウンロードサイトなどでは提供しない。iTunesがアップデートを自動検出し、その後iPhoneやiPod touchを接続すると、アップデートをインストールするかどうか選択できる。Appleではできるだけ早期の導入を促している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -