ニュース
» 2008年01月22日 10時50分 UPDATE

ワークス、健康診断機能などを持つID管理ソフトを発表

ID管理を自動化するソフトウェア「COMPANY Identity Management」をワークスアプリケーションズが発売した。

[ITmedia]

 ワークスアプリケーションズは1月21日、ERPパッケージ「COMPANY」シリーズの最新版となるID管理ソフトウェア「COMPANY Identity Management」の販売を開始した。

 新製品は、人事情報を基に作成したルールにより、人事データと連動してID情報の変更を自動化する機能や、システムのアカウントおよび権限データとアクセスログを定期的に照合し管理者に通知する「ID健康診断」機能などを備える。これらの結果はリポートで出力する。

「COMPANY Identity Management」でのID管理イメージ 「COMPANY Identity Management」でのID管理イメージ(同社サイトから)

 ほかのシリーズ製品と併用することで、既に管理している多くの人事情報などを自動で取り込み、人事業務からID管理までを一連の流れとして構築できる。

 価格は非公開。1000名以上の企業を中心に展開していく。

関連キーワード

ID管理 | 内部統制 | ERP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -