ニュース
» 2006年08月31日 14時43分 公開

ワークスとオラクル、内部統制支援に向けID管理で協業

ワークスアプリケーションズと日本オラクルは、ITの内部統制におけるID管理分野で提携する。

[ITmedia]

 ワークスアプリケーションズと日本オラクルは8月31日、ITの内部統制におけるID管理分野で提携すると発表した。

 ワークスの人事給与システム「COMPANY 人事・給与」に登録された人事情報をキーにして、社内の社員IDを一元的に管理できるようにするのが狙い。内部統制ソリューションとして提供していく。

 ワークスのグループ企業であるワークスソリューションズが、オラクルのID管理製品「Oracle Identity Management」を利用し、ID管理を一元化するシステムを構築する。

 内部統制強化において、企業内外に混在する各種システムへの適正なアクセス管理、適切な権限の提供、監査のための仕組みは必須とされている。また、入退社や人事異動などで人事データに変更があれば、迅速にアプリケーションやディレクトリにユーザーアカウントを追加・更新・削除できる必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -