ニュース
» 2008年01月24日 11時55分 UPDATE

トレンドマイクロ、仮想化に対応したLinux用ウイルス対策ソフトを発表

仮想化ソフトウェアのVMwareをサポートしたセキュリティ対策製品「ServerProtect for Linux 3.0」が発売される。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは1月24日、Linuxサーバ向けのウイルス対策ソフトウェア「ServerProtect for Linux 3.0」を発表した。29日から販売を開始する。

 同製品は、Linuxサーバおよびサーバ内の共有ファイルをウイルスなどの脅威から保護する。新たにスパイウェア対策の機能を追加したほか、仮想化ソフトウェアのVMware上で利用できるようになった。Linux用のウイルス対策製品ではVMwareの正式サポートは初めてという。

 リアルタイムでウイルス検索を可能にする「カーネルフックモジュール」(KHM)のソースコードを一般公開し、ユーザー自身でKHMの作成が可能になった。従来は、トレンドマイクロが最新のKHMを提供していた。

 「Red Hat Enterprise Linux 5.0」「SUSE Linux Enterprise Server 10」「SUSE Linux Enterprise Desktop 10」「MIRACLE LINUX V4.0(Asianux 2.0)」「Asianux Server 3」のディストリビューションにも対応する。

 NECのFTサーバ(ハードウェアコンポーネントが二重化されたシステム)である「Express5800/320Fb-L」「同320Fb-LR MIRACLE LINUXモデル」をサポートする。

 価格は、5ライセンス当たり2万5900円。パッケージだと、1サーバ当たり15万5400円。初年度で5億円の売り上げを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -