ニュース
» 2008年01月31日 08時42分 UPDATE

ExpediaとRhapsodyにも不正バナー混入

MySpaceやExciteなどで見られたマルウェア配布目的の不正なバナー広告が、人気の旅行サイトと音楽サイトでも表示されている。

[ITmedia]

 旅行情報サイトExpediaや音楽サービスRhapsodyなどの合法サイトに、マルウェアをインストールする不正なバナー広告が表示されているとセキュリティ企業Trend Microが報告した。

 ビジターがこうした不正なバナー広告をクリックすると、ほかのサイトにリダイレクトされ、スパイウェア対策ソフトを装ったトロイの木馬をインストールされてしまうという。

 1月初めには、MySpaceやExcite.comなどの人気サイトでも、同様の不正バナー混入が見られた。Trend Microは、今や広告はサイバー犯罪者が不正コードをばらまく新たな手段になっているとし、偽広告にだまされないようにとユーザーに警告している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -