ニュース
» 2008年02月01日 06時00分 UPDATE

熱狂! IT企業対抗かるた大会 (1/2)

新春恒例となった日立システムのITかるた大会。白熱した競技の模様を伝える。

[伏見学,ITmedia]

 日立システムアンドサービスは1月31日、プロジェクトマネジメント(PM)に関する格言を収録した「PM格言カルタ」を使い、ソリューションベンダーとともに会社対抗のかるた大会を開催した。昨年の「セキュリティかるた大会」に続き、今年が3回目となる。

「PM格言は安全標語のようなもの」と作成経緯を話す名内氏 「PM格言は安全標語のようなもの」と作成経緯を話す名内氏

 参加企業は、日立システムのほか、NECソフト、キーウェアソリューションズ、野村総合研究所、住生コンピュータサービス、大和総研、ティージー情報ネットワーク、トキメック情報システムズ、TIS、NTTデータの計10社。

緊張した面持ちで試合開始を待つ丁寧に並べられたかるた 開始直前の様子。緊張した面持ちが印象的だ

 開会挨拶には、日立システムの元社長で、かるたの作者でもある名内泰藏氏が登場。PMを書籍などで勉強するのは大変だが、かるたにすれば「楽しみながら学べるし、何よりも覚えやすい」と話した。PMに関しても触れ、マネジャーは部下に対して適宜アドバイスするなどオープンな環境を作らないとPMはうまくいかないと指摘した。

身を乗り出す選手まさにタッチの差 若手、ベテラン関係なく必死でかるたを取る参加者たち
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ