ニュース
» 2008年02月05日 15時55分 UPDATE

GoogleとYahoo!ユーザー、決済に慎重なのは?

EストアーはGoogleおよびYahoo!ユーザーのWebショップでの決済方法を調査し、結果を発表した。

[ITmedia]

 Microsoftによる米Yahoo!の買収提案に対し、Googleが阻止する行動に出るなど、インターネット業界が騒がしい。そのような中で、Eストアーは2月5日、検索サービスGoogleおよびYahoo!ユーザーのWebショップでの決済方法を調査し、結果を発表した。

 代金引換を利用するYahoo!ユーザーは451人、Googleユーザーは391人となった。クレジットカード決済はYahoo!ユーザーの245人に対し、Googleユーザーが297人と上回った。銀行振り込みはYahoo!ユーザーが75人で、Googleユーザーは128人と差が開いた。「Yahoo!ユーザーは手数料が掛かる代金引換を利用しており、慎重派が多い」とEストアーは予想している。

 Webショップ開店・運営システム「ショップサーブ」で買い物をした人から、GoogleとYahoo!ユーザー各1000人を調べた。調査期間は2007年11月1日〜30日。

 同社は、電子商取引(EC)支援のためインターネットユーザーの意識や属性を調査している。GoogleおよびYahoo!ユーザーを調査する理由は、国内検索サービスの上位2社のマーケティングに役立てることができるからという。

関連キーワード

Yahoo! | Google | 開店


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ