ニュース
» 2008年02月07日 18時16分 UPDATE

Jストリームと日経新聞、総務省のP2P実験に参画

日経新聞のネット配信サービス「日経ブロードバンドニュース」でP2P配信の実証実験を開始したとJストリームが発表した。

[ITmedia]

 動画配信サービスのJストリームは2月7日、総務省が支援する「P2Pネットワーク実験協議会」の実証実験に参画し、日本経済新聞デジタルメディアと「日経ブロードバンドニュース」を通じてP2P型式のコンテンツ配信を始めた。実験は3月31日までを予定する。

 P2Pとは、不特定多数のコンピュータが相互に接続され、直接ファイルなどの情報を送受信するインターネットの利用形態を指す。

 同実験の目的は、一般ユーザーへP2Pテクノロジーを周知すること、P2P利用によるトラフィック削減効果を確認すること、より低コストの配信方法を確立することでネットワーク上でのコンテンツ流通の活性化を図ることにある。

 Jストリームは、配信コンテンツのホスティングや最適化されたネットワーク(CDN)を提供する。P2P配信技術は、BitTorrentのソフトウェア「BitTorrent DNA」を利用する。

 実験協議会は、P2Pの認知度向上、技術的測定、今後の課題の抽出などを目指し、総務省の管轄下で、P2P技術ベンダー、通信事業者、コンテンツホルダーなどの企業で構成されている。

関連キーワード

P2P | 総務省 | 動画配信 | ホスティング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -