ニュース
» 2008年02月08日 11時00分 UPDATE

「セールスフォースと違う立場で」――富士通がSaaS基盤を提供

富士通は、SaaSビジネスを始めるパートナー企業にデータセンターなどのプラットフォームを提供する事業を本格展開する。

[ITmedia]

 富士通は2月7日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)事業を本格展開すると発表した。SaaSビジネスを始めるパートナー企業に、データセンターや検証環境などのプラットフォームを提供する。3年間で1300億円の売り上げを目指す。

 SaaSビジネスを実現する実行基盤を提供する「SaaSプラットフォームサービス」、業種別に特化したアプリケーションを提供する「SaaSアプリケーションサービス」、顧客の要求ごとにアウトソーシングする「SaaSビジネスアウトソーシング」を順次提供する。

 データセンターやネットワーク、アプリケーションまでをワンストップでパートナー企業に提供する。パートナー企業はこれらのサービスで構築したシステム基盤から独自のアプリケーションをSaaSとして提供できる。自社にデータセンターなどを持つ必要がなく、システム構築に掛かるコストを削減できる。

image 富士通が展開するSaaSビジネスの特長

 サイボウズ、マイクロソフト、弥生、オービックビジネスコンサルタントなど計11社が富士通のSaaSビジネスに賛同している。パートナー企業の多くは、現状では、SaaSビジネスを展開するよりもSaaS基盤のセキュリティなどを強化したいといったニーズが大きいという。

 経営執行役常務サービスプロダクトビジネスグループ長の石田一雄氏は「弊社のサービスはパートナー企業へのインフラ提供が中心。セールスフォースとは競争しない」と述べ、独自のプラットフォームを展開し、さまざまなアプリケーションを提供するセールスフォース・ドットコムとの事業の違いを明らかにした。

image 経営執行役常務サービスプロダクトビジネスグループ長の石田一雄氏

関連キーワード

SaaS | 富士通 | Salesforce.com


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ