特集
» 2008年02月08日 07時30分 UPDATE

Leverage OSS:SeamlessRDPでXPとLinuxをシームレスに統合 (1/3)

VMware Serverを幾つかのフリーソフトウェアと組み合わせれば、Windows XPをLinux環境と完全に統合された形で動かすことができる。デュアルブートや仮想化環境以上の自由度がほしい方にお勧めだ。

[Sergio-Gonzalez-Duran,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 最近は1台のマシンにLinuxとWindowsをインストールするにしてもいろいろな方法がある。それぞれのOSを別々のディスクパーティーションに置き、共通のパーティーションでファイルを共有する従来のデュアルブートシステムもあれば、Wineのように、Linuxシステム内にWindowsアプリケーションをインストールするエミュレータを利用する手もある。また、VMwareなどが提供している仮想化プログラムは双方のOSを同時に使えるという点でより理想的なソリューションに近いが、ホスト側とゲスト側の各システムが固定されていて、ゲスト側システムはウインドウ内でしか表示できない。

 だが、VMware Serverを幾つかのフリーソフトウェアと組み合わせれば、Linuxシステム上のコンソールウインドウ内に制限されることなく、Windows XPをLinux環境と完全に統合された形で動かすことができる。

 こうした環境を作り上げるには、3つのツールをインストールする必要がある。VMware Serverはオープンソースではないが無償提供されている。ただし、ダウンロード先と同じページからライセンス番号を取得する必要がある(当然、VMware Serverの下で動かすWindows XPも用意しなければならない)。後は、ほぼどんなLinuxディスクパーティーションにもバンドルされているRemote Desktop Protocolクライアントrdesktopと、rdesktopをWindows XPに組み込むためのユーティリティとしてCendioからGPLの下で提供されているSeamlessRDPがあればよい。

 このソリューションでは、バックグラウンドで動作する仮想マシンに接続するのだが、ウインドウの枠やWindowsデスクトップは表示されない。いつものKDEまたはGNOMEのメニューバーとともに表示されるのはWindows XPのメニューバーであり、まるで双方のOSが同時に対等な形で動作しているかのような錯覚にとらわれる。図1では、画面の上下にそれぞれKDEとWindows XPの各メニューバーが表示されているのが分かる。つまり、どちらのOSからでもアプリケーションを起動できるわけだ。

図1 図1:SeamlessRDP

 まずは、通常のオプションでVMware内にWindows XPをインストールし、ネットワーク接続のオプションをNetwork Address Translation(NAT)に設定する。これでホストマシンからの接続が単純になる。

 Windows XPのインストールが完了したらログインして、Linuxから呼び出すアカウントを作成してパスワードを設定する。また、このWindows仮想マシンにはリモート接続を許可しておく必要がある。この設定は「スタート」→「コントロールパネル」→「システム」から行う(場合によっては、クラシック表示に切り替える必要がある)。システムのアイコンをダブルクリックしてプロパティ画面を開き、「リモート」タブに切り替えて「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを入れればよい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ