ニュース
» 2008年02月15日 17時15分 UPDATE

富士通、クアッドコア搭載のブレードサーバなど5機種を発売

富士通は、PCサーバ「PRIMERGY」の新製品5機種を発売した。

[ITmedia]

 富士通は2月15日、PCサーバ「PRIMERGY」の新製品5機種を発売した。

 発売するのはブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S4」、2Wayタワー型サーバ「同 TX300 S4」、2Wayラックマウントサーバ「同 RX300 S4」「同 RX200 S4」、1Wayタワー型サーバ「同 TX150 S6」。

 ブレードサーバのBX620 S4は、クアッドコアXeon 5400番台もしくはデュアルコアXeon 5200番台を採用。従来製品と同等の消費電力で性能を向上させた。100ボルトの直流電源に対応するブレードサーバシャーシ「PRIMERGY BX600 S3」も追加する。

image PRIMERGY BX620 S4

 タワー型およびラック型の4機種も、クアッドコアXeon 5400番台もしくはデュアルコアXeon 5200番台を搭載可能。メモリ容量はTX300 S4で最大64Gバイト、RX300 S4およびRX200 S4で最大48Gバイトに拡張できる。

image PRIMERGY RX300 S4

 価格はすべて税抜きで、BX620 S4が43万円から、TX300 S4が23万4000円から、TX150 S6が14万9000円から、RX300 S4が32万8000円から、RX200 S4が28万7000円から、BX600 S3シャーシが35万円としている。

関連キーワード

ブレードサーバ | 富士通 | IAサーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -