ニュース
» 2008年02月18日 16時20分 UPDATE

ソフトバンクBB、ソフトバンクケータイとグループウェア連携サービスを開始

ソフトバンクBBは、ソフトバンクモバイルの携帯電話でグループウェアや電子メールを利用できる「CACHATTO for SoftBank」を発売する。

[ITmedia]

 ソフトバンクBBは2月18日、ソフトバンクモバイルの携帯電話からグループウェアや電子メールを利用できる「CACHATTO for SoftBank」を3月3日から開始すると発表した。

 同サービスは、携帯電話でグループウェアなどを利用できるいいじゃんネットの「CACHATTO」サービスをベースに、ソフトバンクモバイルの法人契約者向けに提供する。利用できるグループウェアはIBM Notes/DominoとMicrosoft Exchange Server、desknet's、サイボウズ、電子メールはNotesとExchangeのほかPOP3およびIMAP4に対応する。

cktsbm.jpg サービスイメージ

 CACHATTO for SoftBank専用のS!アプリもしくはWebブラウザを使用する。パスワードや端末の固体IDで認証する仕組み。端末内にデータを残さないため情報漏えいを防止できるほか、一定時間を経過すると自動的にサービスからログアウトする機能も提供する。

 販売形態は、パッケージソフトとアプライアンスの2種類。価格は30ユーザーの場合で、パッケージソフトが初年度51万4080円、次年度以降は24万1920円、アプライアンスは初年度45万2000円、次年度以降が28万8000円。サーバ動作環境は、Red Hat Enterprise Linux ES 3/4、AS 3/4、Solaris 10。対応端末は、3G全機種とV8、V6、V5、V4、V3、J-5xシリーズ(一部機種を除く)。いいじゃんねっとがシステムの管理および運用を担当し、ソフトバンクBBが販売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ