ニュース
» 2008年02月26日 19時54分 UPDATE

ジュニパー、制御プレーンを独立させる新制御システム発表

ジュニパーネットワークスは、ルータから制御プレーンを分離独立させるための制御システム「JCS 1200」を発表した。

[ITmedia]

 ジュニパーネットワークスは2月26日、制御プレーン分離独立させた新制御システム「Juniper Control System 1200(JCS 1200)」を発表した。

 新製品は、同社のルーティング製品「Tシリーズ」において制御プレーンを分離できる制御システム。12RUの構成で12のルーティングエンジンを搭載する。40ギガおよび100ギガのパケット転送プレーンを分離する機能を持ち、ネットワークの規模に応じて柔軟に制御プレーンを整備できるようになるという。

 価格はオープンで、2008年第2四半期の発売を予定する。

JCS1200.jpg Juniper Control System 1200

関連キーワード

ルータ | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ