ニュース
» 2008年03月07日 08時15分 UPDATE

Java SEのアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

Java Web Start、Java JDK、Java JRE、Java SDKに複数の脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 米Sun MicrosystemsはJava SEのアップデートを公開した。Java Web Start、Java JDK、Java JRE、Java SDKの深刻な脆弱性に対処している。

 SunとUS-CERTのアラートによると、3月4日に公開されたのはJDK/JRE 6 Update 5、JDK/JRE 5.0 Update 15、SDK/JRE 1.4.2_17、SDK/JRE 1.3.1_22の各バージョン。

 脆弱性はこれより前のバージョンに存在し、任意のコード実行、セキュリティ制限の回避、DoS(サービス拒否)状態の誘発に利用される可能性がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -