ニュース
» 2008年03月12日 19時23分 UPDATE

OpenLiberty.org、Webサービスフレームワークのライブラリをβ公開

OpenLiberty.orgは、Webサービス認証フレームワーク仕様のクライアントライブラリをβ公開した。

[ITmedia]

 オープンソースのIDアプリケーション開発を支援するOpenLiberty.orgは現地時間の3月10日、Webサービス認証フレームワーク仕様「Liberty Identity Web Services Framework(ID-WSF)2.0」のクライアントライブラリをβ公開した。

 公開した「OpenLiberty-J」は、標準規格に準拠するWebアプリケーションの開発と導入を支援するもの。開発者はID-WSFのセキュリティ機能およびプライバシー保護機能を、認証管理機能が必要となるサービス指向アーキテクチャ(SOA)環境や、PCおよびモバイル機器上のアプリケーションに組み込めるようになる。

 OpenLiberty-Jは、J2SE(Java 2 Platform Standard Edition)、オープンソースのXML、SAML(Security Assertion Markup Language)、Internet2のShibbolethプロジェクトが提供するOpenSAMLなどのライブラリが基になっている。

 OpenLiberty.orgのサイトからダウンロードできる。

関連キーワード

認証 | フレームワーク | ID管理 | Java


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -