ニュース
» 2008年03月13日 18時24分 UPDATE

NECが公共料金の決済代行サービス 1件10円から

NECとNECビッグローブは、地方公共団体向けの決済代行サービスをSaaS形式で4月1日から提供する。

[ITmedia]

 NECとNECビッグローブは3月13日、地方公共団体向けの決済代行サービスをSaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で4月1日から提供すると発表した。

 提供するのは「NECクレジットカード公金決済サービス」。地方公共団体向けに納付サイトの構築および運用、決済処理、収納管理などを実施し、住民税や自動車税、国民年金保険料、水道料金などの支払いを代行する。

 初期費用が30万円。利用料は定額料金の場合、月額1万5000円から。決済件数による課金型の場合、1件当たり10円から。3年間で100ユーザーへの販売を見込む。

image サービスのイメージ(同社Webサイトより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -