ニュース
» 2008年03月18日 19時00分 UPDATE

アイ・オーの無線LANルータ製品、認証機能がデフォルトでオフに

アイ・オー・データの複数の無線LANルータ製品に認証機能が初期設定でオフになっている問題が発見された。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は3月18日、複数の無線LANルータ製品で認証機能が初期設定でオフになったままであることが判明したとして、情報処理推進機構セキュリティセンターを通じて情報を公開した。

 対象となるのは、「WN-APG/R」および「WN-WAPG/R」シリーズの各製品で、これらの製品ではWebブラウザで設定操作をするための認証機能がオフになったままだという。

 このため初期設定のまま製品を利用すると、第三者が管理画面に不正に接続してユーザーの意図しない操作をしたり、対象製品の管理用パスワード変更など設定変更をしたりする恐れがある。

 アイ・オー・データ機器では、ファームウェアを最新バージョンに更新するか、システムセキュリティ設定を「標準」から「中」「カスタム」「高」のいずれかに変更して、設定画面用のログインパスワードを設定するように呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -