レビュー
» 2008年04月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:日本語スパムにも対応するスパムブロックの仕組みを解説

多様化・巧妙化の一途をたどるスパムメール。日本語スパムや未知のスパムへの対策に加え、管理者の負荷やコスト、ユーザーごとのスパムポリシーへの対応はどうすればよいのか。複合的スパムブロックの手法で解決策をたどる。

[PR/ITmedia]

 企業のメールサーバに届くスパムメールは、全体の8割〜9割を占めるといわれている。スパムメールは多様化・巧妙化の一途をたどり、特に日本では画像スパムやPDFスパムに加え、増大する日本語スパムへの対策も重要な課題になっている。未知のスパムの脅威に晒される危険性もぬぐえない。

 スパムメールは業務効率を低下させるだけでなく、DHA攻撃によるサーバへの負荷やウイルス&ワーム、フィッシング、スパイウェア、スプーイング、ゾンビプログラム、DoS攻撃など実害を受けるリスクを著しく増大させる。管理者への負荷やコストの増大も大きな問題だ。さらに、ユーザーごとに異なるスパムポリシーにも対処しなければならない。

 このような環境下で、企業のシステム管理者はメールシステムとエンドユーザーを保護するためにどのような対策を取れば良いのだろうか。本ホワイトペーパーでは、複合的スパムブロックの手法により課題を解決するアプローチを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -