レビュー
» 2008年04月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:間違いのないスパムフィルター選び 〜導入前のテスト方法と留意点

スパムフィルターを導入した後で、その効果に落たんしていないだろうか。技術的な観点から比較評価するためのテストの手法や留意点を解説する。

[PR/ITmedia]

 スパムメール増加による被害は、ISPや大手企業はもちろん一般企業でも深刻だ。スパム対策を講じるに当たって、ウイルスフィルターと比べるとスパムフィルター技術は多種多様であり、ソリューションを選択する技術者は各技術の有効性や長所、欠点などの情報を十分に得るのが難しい状況となっている。さらに、製品の評価テストに必要な基礎知識が公開されていないために、まったく誤った手法が取られている例も頻繁に見受けられる。その結果、実際には効果のない製品を導入してしまいソリューション全般に失望したり、疑念を抱くようになるユーザー企業が増えている。

 本ホワイトペーパーでは、ベイジアンをはじめとする統計的フィルターからコラボレーション型フィルターまで、実際に使用されている主な技術とそれぞれの長所、欠点を解説する。その後で、実際のベンチマークをベースに導入検討に不可欠なテストの手法と注意点について、陥りやすい間違ったアプローチなどを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -