ニュース
» 2008年05月15日 08時18分 UPDATE

MySpaceユーザーへのスパム送信業者に2億3400万ドルの賠償命令

MySpaceユーザーに大量の迷惑メールを送りつけたスパム業者が、過去最高額の損害賠償支払いを命じられた。

[ITmedia]

 MySpaceユーザーに大量の迷惑メールを送りつけたスパム業者に対し、米国の裁判所が2億3400万ドルの損害賠償支払いを命じる判決を言い渡した。

 セキュリティ企業のSophosによると、これはスパム対策法(CAN-SPAM Act)に基づく賠償額としては過去最高額という。MySpaceは迷惑メール70万通の処理と、ユーザーからの苦情処理に要した費用の支払いを請求していた。

 賠償支払いを命じられたのは、大量の迷惑メール送信で悪名高いスタンフォード・ウォレス氏ら2人。MySpaceアカウントを作成し、ほかのユーザーにスパムメールを送りつけてフィッシング詐欺の手口でパスワードなどの情報を盗んでいたとされる。

 判決ではウォレス氏らに対し、今後同様の行為を行うことを禁じている。ただし2人とも裁判には出廷せず、過去の行状から見てMySpaceが実際に賠償金を回収できるかどうかは疑わしいという。

 Sophosによると、ウォレス氏は1990年代に迷惑メール送信でCompuServeとAOLから訴えられ、2006年にはユーザーのコンピュータにスパイウェアをインストールしたとして400万ドルの罰金を命じられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -