レビュー
» 2008年05月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:フィルター、アーカイブだけではメールは守れない!?本当のメールセキュリティとは

メールシステムは企業活動の中心だ。複雑化・多様化するセキュリティ脅威からシステムを守るには、キーワードフィルターやウイルス/スパムフィルター、アーカイブだけでは十分とはいえない。

[PR/ITmedia]

 メールシステムに対する要求は多様化している。外部からの脅威への対策だけでなく、社員のメール誤使用による個人情報漏えい防止、メールアーカイブ義務化をはじめとするコンプライアンスなどにも対応しなければならない。

 メールシステムにウイルス/スパムフィルターやキーワードフィルターなどを導入した後で新たな課題に直面することも多く、一般的な「ブラックボックス製品」を導入するだけでは企業のメールシステムのセキュリティは守れなくなってきている。現実の組織と職務の複雑さを無視してセキュリティ対策を施すと、逆にシステムを危うくしてしまう可能性がある。

 各企業はどのようなメールセキュリティ対策を取っているのか? その効果とは? 本ホワイトペーパーでは、セキュリティポリシーの適用やそのための仕組み、組織の機能に合わせたディレクトリベースの使用方法など、各企業が取り組んでいるメールセキュリティ対策を事例を通じて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -